【ミセス】MVコロンブスの炎上はなぜ?理由8つ!類人猿が関係?監督は?

【ミセス】MVコロンブスの炎上はなぜ?理由6つ!類人猿や歴史的背景が関係?
スポンサーリンク

人気アーティスト「Mrs. GREEN APPLE(ミセスグリーンアップル)」のMV「コロンブス」が炎上しているようですが、一体何があったのかが気になりますね。

えっ!ミセスグリーンアップルのMVコロンブス炎上しているの?
どうして??

今回はMrs. GREEN APPLE(ミセスグリーンアップル)の炎上理由について調査しました。

この記事でわかること
  • 【ミセス】MVコロンブスが炎上!
  • 【ミセス】MVコロンブスの炎上はなぜ?理由まとめ!

ミセスグリーンアップルのMVコロンブスは、2024年6月13日に非公開されました

スポンサーリンク
目次
スポンサーリンク

【ミセス】MVコロンブスが炎上!

ミセスグリーンアップルのMVコロンブスが炎上しているみたい

ミセスグリーンアップルのMVコロンブスは、2024年6月12日にリリースされましたが…。

SNSでは賛否両論話題になっているようですね。

スポンサーリンク

【ミセス】MVコロンブスの炎上はなぜ?理由まとめ!

ミセスグリーンアップルのMVコロンブスの炎上理由まとめは、こちら!

炎上理由まとめ
  • タイトルがコロンブスだから?
  • 先住民を猿扱いしているように見えるから?
  • 猿に荷車をひかせているから?
  • 鑑賞シーン
  • 植民地を肯定しているように見えるから?
  • 関係者のチェックを通り抜けているから?
  • コカ・コーラのキャンペーン曲だから?

それじゃあもう少し詳しく、ミセスグリーンアップルのMVコロンブスが炎上した理由についてみていこう

炎上①タイトルがコロンブスだから?

ミセスグリーンアップルのMVコロンブスの炎上理由1つ目は『タイトルがコロンブス』だよ

コロンブスは大航海時代の探検家で、西洋人で初めてアメリカ海域に到達した人物…とされていました。(実際に到達したのは、西インド諸島)

キリスト教世界の白人としては最初にアメリカ海域へ到達したとされていた。

wiki

「コロンブスの卵」のエピソードが有名ですね。

しかし現在は、コロンブスは偉人というよりは植民地にした人物として、問題視する声があがっています。

今度はクリストファー・コロンブスの銅像が各地で相次いで破壊されている。

https://www.cnn.co.jp/usa/35155134.html

アメリカでは、コロンブス像が破壊されるなどの運動も起きているようです。

アメリカに住んでいる人にとって「コロンブス」は偉人ではないにもかかわらず、そんなコロンブスをタイトルにしたため、

コロンブスがどんな人なのか分かっていないの?

なんでタイトルがコロンブスなんだ…

とミセスグリーンアップルのMVコロンブスは炎上しているようですね。

ミセスグリーンアップルは日本だけではなく世界でもファンが多いアーティストであることも、炎上に拍車をかけているようです。

炎上②先住民を猿扱いしているように見えるから?

ミセスグリーンアップルのMVコロンブスの炎上理由2つ目は『猿扱いしているように見える?』だよ

MVコロンブスは、ミセスグリーンアップルの3人が西洋人に扮し、猿?に文明を教えていく…というストーリーのように見えます。

タイトルがコロンブスであるため、MVに登場している猿は先住民の事なのでは??と炎上しているようですね。

先住民の事ではない

しかしミセスグリーンアップルのMV「コロンブス」には、

ミセスグリーンアップルが扮した西洋人?が、500万年前の類人猿と出会った

というニュアンスの歌詞が登場しています。

その為、先住民なのでは?と推測されている猿は、「類人猿」ということのよう。

一見すると猿が先住民のように見えてしまったため炎上したようですが、猿は類人猿のことだったようですよ。

炎上③猿に荷車をひかせているから?

ミセスグリーンアップルのMVコロンブスの炎上理由3つ目は『荷車を猿にひかせているから?』だよ

ミセスグリーンアップルのMVコロンブスでは、ベートーベンに扮したメンバーが乗った馬車を猿が引いているシーンが登場します。

前述のとおりMVコロンブスに登場する猿は類人猿を表現しているようですが、一見すると先住民のように見えてしまいます。

その為、

西洋人に扮した人が乗った人力車を、猿に引かせるなんてありえない、

と炎上しているようですね…。

コロンブスに風刺的な表現があったのであれば、ここまで炎上することはなかったのでは?とも言われているようです。

炎上④鑑賞シーン

ミセスグリーンアップルのMVコロンブスの炎上理由4つ目は『鑑賞シーン』だよ

ミセスグリーンアップルのMVコロンブスには、負傷し悼んでいる猿の姿をコロンブスたちがビデオ鑑賞しているシーンがあります。

視聴者からは、

この鑑賞シーンで伝えたい意図がわからない…
こんなシーン、入れる必要あるの??

と炎上したようです。

どのような意図があったのかは、今後のインタビューなどで判明する部分かもしれませんね。

炎上⑤植民地主義を想起させるから?

ミセスグリーンアップルのMVコロンブスの炎上理由4つ目は『植民地主義を想起させるから?』だよ

ミセスグリーンアップルのMV「コロンブス」」に登場する猿は類人猿を表現しているようですが、パッと見先住民と誤解してしまうという声が多いよう。

MVではメンバーが猿に文明を教え、酷使する(馬車をひかせる)という表現があったため、植民地主義を想起させている…と炎上しているようですね。。。

兵力使役を想起させる?

こちらはナポレオンに扮したミセスグリーンアップルのメンバーの横で、猿が敬礼しているシーンです。

ナポレオンの横で敬礼している猿をみて、先住民が兵力としてつかわれていたという史実を想起させるという意見も投稿されているようですね。

実際は猿は先住民ではなく類人猿を表現していることが判明していますが、コロンブスという題名からも植民地を連想してしまう声が少なくないようです。

炎上⑥ヨーロッパ中心主義?

ミセスグリーンアップルのMVコロンブスの炎上理由5つ目は『ヨーロッパ中心主義?』だよ

ミセスグリーンアップルのMVコロンブスには、

  • ベートーベンが、類人猿に音楽を教えているシーン
  • ナポレオンが、類人猿に乗馬を教えるシーン
  • コロンブスが、類人猿に文字や航海術を教えるシーン

が登場しています。

これらのシーンから、

文明が遅れた世界に対して、西欧の優位性を示しているようにみえる

と炎上しているようです。

どの文明にも、どの文化にも、それぞれ優れたところがあり尊重されるべき…という現在の考え方からずれているようにみえてしまい炎上してしまったようですね…。

一方「考えすぎなのでは?」という意見も投稿されているため、ネット上でも意見が割れているようです。

炎上⑦関係者のチェックを通り抜けているから?

ミセスグリーンアップルのMVコロンブスの炎上理由5つ目は『関係者のチェック』だよ

前述のとおり炎上しているミセスグリーンアップルのMVコロンブスですが、公開されるまでに関係各社のチェックがあったにもかかわらず、公開されています。

その為、

公開する前にこれはまずいと、関係者は誰も気づかなかったの??

制作しているタイミングで、問題に気付かなかったのが問題なのでは…

と炎上しているようです。

炎上⑧コカ・コーラのキャンペーン曲だから?

ミセスグリーンアップルのMVコロンブスの炎上理由6つ目は『コカ・コーラのキャンペーン曲』だよ

炎上したミセスグリーンアップルのMVコロンブスは、コカ・コーラのキャンペーン曲として制作されているようです。

上記理由から炎上している曲が、グローバル企業であるコカ・コーラのタイアップ曲って…と炎上しているようですね。

スポンサーリンク

【ミセス】MVコロンブスの監督は誰?

ミセスグリーンアップルのMVコロンブスの監督は誰なのでしょうか?

結論から申し上げますと、

  • planning directorは大森元貴さん
  • 制作は、EMIレコードと所属事務所

であることが判明しているようです。

制作会社はユニバーサルとのことですが、監督はミセスグリーンアップルの大森元貴さんのようですよ。

大森元貴さんが何も調べずにMV制作するとは考えられないって声も投稿されているよ

スポンサーリンク

【ミセス】MVコロンブスの公開停止!

2024年6月13日に、ミセスグリーンアップルの公式は、MVコロンブスの公開を停止したことを発表しました。

Mrs. GREEN APPLE 「コロンブス」ミュージックビデオ公開停止に関して

2024.06.13
6月12日にMrs. GREEN APPLEの新曲 「コロンブス」のミュージックビデオを公開いたしました。

本映像はMrs. GREEN APPLEの所属レーベルであるEMI Recordsと所属事務所Project-MGA で制作いたしましたが、

歴史や文化的な背景への理解に欠ける表現が含まれていたため、公開を停止することといたしました。

当社における公開前の確認が不十分であり、皆様にご迷惑をおかけしたことを深くお詫び申し上げます。

今後はこのような事態を招くことのないよう細心の注意を払い、皆様にお楽しみいただける作品をお届けしてまいります。

ユニバーサル ミュージック合同会社

EMI Records / Project-MGA

https://mrsgreenapple.com/news/detail/20373

迅速な対応に、ファンからはホッとした…という意見が投稿されているようです。

大森元貴が声明文を発表!

ミセスグリーンアップルの大森元貴さんは、2024年6月13日に声明文を発表しています。

「コロンブス」のMusic Videoを制作するにあたり、

・年代別の歴史上の人物

・類人猿

・ホームパーティー

・楽しげなMV

という主なキーワードを、初期構想として提案しました。

類人猿が登場することに関しては、差別的な表現に見えてしまう恐れがあるという懸念を当初から感じておりましたが、類人猿を人に見立てたなどの意図は全く無く、ただただ年代の異なる生命がホームパーティーをするというイメージをしておりました。

しかしながら、意図とは異なる伝わり方もするかもしれないと思い、スタッフと確認し合い、事前に特殊メイクのニュアンス、衣装、演じ方のフォロー、監修をしていたつもりではおりましたが、そもそもの大きな題材として不快な思いをされた方に深くお詫び申し上げます。

決して差別的な内容にしたい、悲惨な歴史を肯定するものにしたいという意図はありませんでしたが、上記のキーワードが意図と異なる形で線で繋がった時に何を連想させるのか、あらゆる可能性を指摘して別軸の案まで至らなかった我々の配慮不足が何よりの原因です。

「コロンブスの卵」というキーワードから制作に取り掛かり、前向きにワクワクできる映像にしたいという気持ちが、リスクへの配慮をあやふやにし、影響を及ぼしてしまったと認識しております。

こちらの意図する物語の展開としては、歴史的時間軸は存在せず、類人猿も人の祖先として描きたかった。そして時間の垣根を越えてホームパーティーをする。

これはあり得ない話であり、あくまでフィクションとしての映像作品であると。

ただ、ある事象を、歴史を彷彿とさせてしまうMVであったというご指摘を真摯に受け止め猛省しております。

この度は本当に申し訳ございませんでした。

以後このようなことが無いよう、細心の注意を払い、表現することに対して誠実に、精進してまいりたいと存じます。

Mrs. GREEN APPLE 大森元貴

https://mrsgreenapple.com/news/detail/20374
概要
  • MVコロンブスは、歴史上の人物、類人猿、ホームパーティー、楽し気なMVというキーワードを初期構想として作成した
  • 類人猿はセンシティブな表現に見えてしまう恐れがあるという懸念はあった
  • 類人猿を人に見立てた意図はない
  • 意図とは異なる伝わり方があると懸念し、注意を払って制作した
  • センシティブな内容にする意図はなかったが、配慮不足だった
  • 前向きにわくわくできる映像にしたい気持ちが、配慮をあやふやにしてしまった
  • フィクションとしての映像作品
  • 歴史を彷彿とさせてしまうMVという指摘を受け止めもうせいしております

ミセスグリーンアップルの大森元貴さんの紳士的な素早い対等に、ファンからは賞賛の声が投稿されています。

スポンサーリンク

【ミセス】MVコロンブスが話題!

ミセスグリーンアップルのMVコロンブスが話題になっているよ

SNSではミセスグリーンアップルのMVコロンブス炎上を受けて、早く手を打った方がよいとの意見が投稿されています。

ミセスグリーンアップルらしい曲で好きだけどMVは…という声も上がっているようですね…。

やはり猿のポジションが類人猿ではなく先住民のように誤解されてしまうことが、大きな炎上理由となっているようです。

ミセスグリーンアップルのMVコロンブスは、2024年6月13日に非公開されました

スポンサーリンク

まとめ

今回はミセスグリーンアップルの炎上理由ねんがツについてお届けしました。

ミセスグリーンアップルはMVコロンブスに登場する猿(類人猿)が先住民のように誤解して見えたことから、炎上してしまったようです。

そんなミセスグリーンアップルが嫌い…との声が一部で浮上しているようですが、一体なぜなのでしょうか?

こちらも読まれています
スポンサーリンク1
スポンサーリンク2
スポンサーリンク3
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次