滝沢ガレソはなぜ捕まらないの?理由4つ!リスクヘッジが徹底してる?

スポンサーリンク

暴露系インフルエンサーとして活躍の滝沢ガレソさんは、なぜ捕まらないの?と話題になっているようですね。

滝沢ガレソさんいろんなネタを発信しているから、ヒヤヒヤする情報も結構あるよね

今回は滝沢ガレソさんがなぜ捕まらないのか、理由について調査しました!

この記事でわかること
  • 滝沢ガレソはなぜ捕まらないの?の声!
  • 滝沢ガレソはなぜ捕まらないの?理由まとめ!
スポンサーリンク
目次
スポンサーリンク

滝沢ガレソはなぜ捕まらないの?の声!

滝沢ガレソさんはなぜ捕まらないの?って声が投稿されているみたい

SNSでは暴露系インフルエンサーである滝沢ガレソさんがなぜ捕まらないのか、疑問の声が投稿されているようです。

スポンサーリンク

滝沢ガレソはなぜ捕まらないの?理由まとめ!

滝沢ガレソさんはなぜ捕まらないのかな??

滝沢ガレソさんがなぜ捕まらないのか、

原因は判明してません。

しかしネット上ではいくつかの理由がうわさになっているようですので、ご紹介します。

なぜ捕まらないの?噂の理由まとめ!
  • リスクヘッジしているから?
  • 表現の自由があるから?
  • あくまでも「まとめ」だから?
  • 裁判所の判断?
  • 名誉棄損に該当しない?

それじゃあもう少し詳しく滝沢ガレソさんが捕まらない理由を見ていこう!

理由①リスクヘッジしているから?

滝沢ガレソさんが捕まらない噂の理由1つ目『リスクヘッジしているから?』を紹介するね!

滝沢ガレソさんは、

  • 一般人の画像にモザイクをかける
  • 個人名を晒して特定していない

などのリスクヘッジをとっています。

滝沢ガレソさんの元には毎日DMが100通ほど届いており、リスクを考慮しながら情報を選定しているそう。

届いたDMの情報をうのみにするのではなく、客観ベースで事実を確認もしているとのことですよ。

滝沢ガレソさんは訴訟に対するリスクヘッジを取っているんだね

未成年にモザイク

滝沢ガレソさんは2023年に未成年の画像にモザイクをかけずに投稿したことが問題視され、話題になったことがありました。

滝沢ガレソさんはそれらの声と向き合い、今まで投稿していたモザイク無しの未成年画像が掲載されたツイートを削除しています。

これらのことがあったため、滝沢ガレソさんはぎりぎりのラインで個人情報の流出を抑えているのでは?という意見も上がっています。

滝沢ガレソさんはギリギリのラインを攻めているもののリスクヘッジを取っているため、捕まらないのでは?という声も投稿されていましたよ。

理由②表現の自由があるから?

滝沢ガレソさんが捕まらない噂の理由2つ目『表現の自由』を紹介するね!

憲法第21条では、「表現の自由」が保障されていますよね。

第二十一条 集会、結社及び言論、出版その他一切の表現の自由は、これを保障する。
○2 検閲は、これをしてはならない。通信の秘密は、これを侵してはならない。

総務省

意見や思想などの主張を自由に表現できるという憲法です。

滝沢ガレソさんが投稿している情報も、憲法第21条の表現の自由に当てはまっているのでは?と推測するツイ民もいるようですね。

表現の自由はどこまで許される?

表現の自由って、どこまでが許されるの?

表現の自由はどこまで許されるのかが気になるところですが、

よほどのことがない限り、制限することは出来ないと考えられている

部分があるようです。

表現の自由は憲法の保障する
基本的人権の中でも重要なものであり、よほどのことがない限り制限することはできないと考えられている

https://www.pref.aichi.jp/uploaded/life/259465_883963_misc.pdf

しかし表現の自由によって守られているとしても、どこまで守られるのか?という疑問点は浮かびます。

難しいんだよね、表現の自由は…

理由③あくまでも「まとめ」だから?

滝沢ガレソさんが捕まらない噂の理由3つ目『まとめだから?』を紹介するね!

滝沢ガレソさんは様々な情報を投稿していますが、暴露系だけではなくニュースのまとめなども多いですね。

トラブルや喧嘩のニュースをまとめる際は、客観的にわかるように状況をまとめてツイートしているんだとか。

誰かのトラブル、喧嘩のニュースをまとめるときは、傍から眺めている人にも『誰と誰がどうして揉めて、どちらが現在は優勢なのか』がわかるように、喧嘩の概要や局面を把握しやすくまとめて、ある種の“観戦エンタメ”みたいにツイートしています。

…意見が偏りがちなネタは賛否両論の声をまとめて、みなさんどう思いますかと投げかけます。

スマートフラッシュ

意見が偏りがちな情報は、意見をまとめてどう思うか投げかける手段を取っているとのこと。

滝沢ガレソさんはあくまでも「情報をまとめ」ているだけだから捕まらないのでは?という意見が上がっているようですね。

ここのラインも線引きが難しい部分だよね

理由④裁判所の判断?

滝沢ガレソさんが捕まらない噂の理由4つ目『裁判所の判断?』を紹介するね!

滝沢ガレソさんは過去に「開示請求」が3回届いたことがあるそう。

開示請求とは?

個人情報を保有されている本人が、企業などの個人情報取扱事業者に対して、自分の個人情報(保有個人データ)の開示を請求するための手続き です

契約ウォッチ

平たく言うと、滝沢ガレソさんの個人情報を開示してほしいとの届け出が届いたことがあるということですね。

開示請求は裁判所が開示するかどうかを判断しており、裁判所が開示するよう判断した場合は、滝沢ガレソさんの元に文章が届くというシステムになっています。

しかし滝沢ガレソさんのもとには実際届いていないとのことですので、裁判所が「開示しなくてよい」と判断した…ということになるのでは?との声も投稿されています

まだ訴えられたことはありませんが、訴訟のための開示請求を受けたことは3回あります。ブロガーの山本一郎さんに弁護士を紹介していただき、開示請求を拒否することができました。

 その後、開示請求は届いていません。訴えると言われたり、開示請求が実際に届いたりする度に僕はその内容をすべてオープンにして“公開添削”を行っていたんですが、最近訴えられないのはそれが原因かもしれません

週刊女性プライム

滝沢ガレソさんは届いた開示請求を公開し、添削していたこともあったようですね。

これもある意味、滝沢ガレソさんのリスクヘッジの一つとなっているのかもしれません。

理由⑤名誉棄損に該当しない?

滝沢ガレソさんが捕まらない噂の理由5つ目『名誉棄損に該当しない?』を紹介するね!

滝沢ガレソさんが暴露した投稿は、名誉棄損に該当しない?為捕まらないのでは?という意見も上がっているようです。

名誉棄損とは?

名誉毀損とは、公然と事実等を指摘して人の名誉を傷つける(=社会的評価を低下させる行為)です。

契約ウォッチ

名誉棄損は、平たく言うと「公表した情報で相手の社会的評価を低下させる行為」が該当するということですね。

滝沢ガレソさんは実名投稿していない情報もあるため、名誉棄損には該当しないのでは?とTwitter上で囁かれているようですが…。

こればかりは専門家の意見を聞かないとわかりませんね。

スポンサーリンク

滝沢ガレソとガーシーは何が違う?

暴露系で活動していたガーシーさんと滝沢ガレソさんは、何が違っているんだろう?

滝沢ガレソさんとガーシーさんは、暴露系というジャンルで活動していますが…、一体どこが違っているのでしょうか?

滝沢ガレソさんはガーシーさんとの違いについて、

ガーシーさんの場合は逮捕理由が「常習的脅迫」容疑なので、そこでラインを超えてしまったのかなと思います。
その一線は、自分も今後より意識していかないといけないと考えています。
(引用:オリコン

とコメントしています。

滝沢ガレソさんは、ガーシーさんの違いについて「常習性脅迫容疑」にあるのでは?と考えているようですね。

脅迫容疑にあたるのかあたらないのか、という部分が焦点のひとつとなっているのかもしれません。

スポンサーリンク

まとめ

今回は滝沢ガレソさんはなぜ捕まらないの?についてお届けしました。

滝沢ガレソさんが捕まらないのは、リスクヘッジが徹底されているから?などの意見が囁かれているようですが、結局のところなぜなのかは専門家でないとわからないですね。

そんな滝沢ガレソさんは、一体何者なんでしょうか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次